尼崎枡千の天ぷら

漁港の歴史を物語る
尼崎みやげの大本命

 揚げたてがお店に並ぶと商店街に行列ができる。尼崎に漁港があった江戸時代、初代・桝本仙太郎の創業から180年以上続く[枡千]で不動の人気を誇るのが、きくらげたっぷりの白天(180円)と歯ごたえがクセになるごぼう天(150円)。「旦那はわさび醤油で、息子はおでんにすると喜ぶの。私は夕飯の支度をしながらつまむのが最高」と尼崎一家流の食べ方である。

枡千

尼崎市神田中通4-86
地図

06-6411-0695

9:00〜18:30 木休

 

"みその"のいきつけ

尼センデパート
尼崎枡千の天ぷら
天助のするめ天
尼新実業の生醤油
ありきのおからコロッケ
宮島庵の豆腐
弥次郎兵衛の田舎巻
丸古食品冷凍うどん
新見屋かぶら浅漬け

←前へ ↑上へ 次へ→