logo
メインメニュー

logo
投稿者: genkiadmin 投稿日時: 2008-3-19 10:52:00 (5489 ヒット)

 15人の犠牲者を出した尼崎市のスーパー「長崎屋尼崎店」(閉店)の火災から丸18年を迎えた18日、当時店舗があった阪神尼崎駅前商店街で、商店主や消防関係者約70人が参加して、消防訓練を行った。
 http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/hyogo/080319/hyg0803190240001-n1.htm


投稿者: genkiadmin 投稿日時: 2008-3-10 9:22:00 (4737 ヒット)

 昭和初期から三十年代の生活用品などを集めた「ちょっと昔のくらしの道具展」が、尼崎市栗山町二の市立文化財収蔵庫二階展示室で開かれている=写真。桃谷和則学芸員(45)は「懐かしい道具に囲まれてタイムスリップ気分を楽しんで」。

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0000868882.shtml


投稿者: genkiadmin 投稿日時: 2008-3-9 9:15:00 (4938 ヒット)

 工場群を縫うように尼崎市南部を流れる運河は、かつて工都として栄えた尼崎の「水運の要」だった。しかし工場の減少や陸上運送の発達でその役割が低下した今、運河を核にしたまちづくりの機運が高まっている。昨年4月、尼崎運河は国土交通省の「運河の魅力再発見プロジェクト」の認定を受け、事業計画策定に向け行政や企業、市民らによる協議会が発足、今年1月に施設整備の基本方針が固まった。関係者らは、市民には遠い存在だった運河の“再生”を通じ、地域のにぎわいづくりを模索している。

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0000867318.shtml


投稿者: genkiadmin 投稿日時: 2007-2-4 16:18:35 (2387 ヒット)

三人そろって、「尼崎応援戦隊 アマレンジャー」-。まちづくり会社「TMO尼崎」と、阪神尼崎駅近くの商店街活性化策を研究している甲南大生らが共同開発したキャラクターが今年、デビューから丸二年を迎える。当初は「何やあれ」と顔をしかめた市民もいたが、市内あちこちのイベントで顔を出すなど売れっ子に。「こんなに受けるとは…。尼崎発のヒット商品」と関係者。地元尼崎の商店街活性化を担うヒーローとして、ますます期待が高まりそうだ。

(紺野大樹)

 モンザエモン、アマース、アマーンの男女三人組。白、黄、ピンクに黒の縦じまという衣装で、…(2007/02/03付の記事本文より。続きは↓にて)
 http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000232146.shtml


投稿者: genkiadmin 投稿日時: 2006-8-10 10:05:00 (2448 ヒット)

 尼崎市建家町の三和本通商店街の空き店舗に、市内の小規模作業所などが共同で商品を販売する店舗「ココロワ」がオープンし、1年が過ぎた。参加する作業所の増加に伴い品数も増え、売り上げは少しずつアップ。関係者は「作業所を利用する障害者の賃金も増え、順調な1年。今後は、企業と協力するなど新たな商品開発も手掛けたい」と気持ちを新たにしている。(記事本文より。続きは↓にて)
 http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/ha/0000086979.shtml


« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »
Copyright © 2004 TMO尼崎 all rights reserved.