logo
メインメニュー

logo

第8回メイドインアマガサキコンペ

尼崎中央・三和・出屋敷商業地区まちづくり協議会・株式会社TMO尼崎
【速報】第8回メイドインアマガサキコンペ 審査結果のお知らせ

尼崎にこだわった商品や製品、人物などを顕彰する第8回コンペが開かれましたので、お知らせいたします。エントリーされた商品から26点がメイドインアマガサキとして認証され、各賞が決定しましたので審査員のコメントをご報告いたします。(今回をあわせて過去の認証件数は232点になりました)

■アピールグッズ部門

(ご当地キャラや企業ノベルティなど尼崎にしかないオリジナルグッズ)

★グランプリ

名月姫風鈴
(名和地域通貨「おう」委員会と香川ダイカスト工業所 Tel:06-6499-9535)
 尾浜地域に伝わる悲劇のヒロイン、名月姫の伝承にちなんだ商品開発を目指していた「おう」委員会と、高精度・高強度のアルミニウム鋳造品を作る「ナノキャスト製法」の技術を持つ香川ダイカストのコラボレーションで生まれた世界初の風鈴。審査員は「地域に伝わる伝承と、最新の技術が融合した製品」と高く評価。さらに良いものを作って欲しいという期待も込めてグランプリに。


☆準グランプリ

尼崎Tシャツ
(ビーワン一番星 Tel:06-6418-0001)
 京阪神に6店舗を構える、作業着専門店が作ったオリジナルTシャツ。福岡出身の細井社長が、移り住んだ尼崎への愛着を表現。庄下川の濁った色をイメージしたという灰色の筆文字ロゴという遊び心も話題に。審査員は「労働者の街であることを背負う商品」とコメント。


☆準グランプリ

忍たま絵馬
(七松八幡神社 Tel:06-6416-3623)
 尼崎が生んだ人気漫画家、尼子騒兵衛さん原作のアニメ「忍たま乱太郎」の登場人物「七松小平太」の絵馬。尼崎の地名にちなんだキャラクターが多数登場し、日本各地のファンたちがゆかりの場所を訪ね歩いていることを知った宮本宮司が考案。尼子さんの協力のもと完成した。


■伝統の一皿部門

(長い間変わらない味で親しまれてきた老舗の一皿)

★グランプリ

かき金の「土手鍋とかき飯」
(尼崎市神田北通1-6-3 Tel:06-6411-4065)
 明治後期から毎年秋から春にかけ、広島からカキを運んでいた屋形船がルーツで、1954年からは路面店で営業。カキのフルコースが味わえる店として不動の人気を誇る。現在は4代目の向井守澄さんと5代目啓勝さんがのれんを守り、「いつかはかき舟を復活させたい」と意気込む。「下町が売りの尼崎にこんな本格的な料理店があって誇らしい」「かき舟復活は、水辺の再生を目指す尼崎にふさわしい」と評価された。


☆準グランプリ

カキウチお好み店の「そば丼」
(尼崎杭瀬中市場 Tel:06-6481-2463)
 どんぶり飯に焼きそばと半熟卵2個がのった料理は、杭瀬中市場にあるお好み焼き店のまかない料理として誕生。大きな団地があり、共働き世帯が多くを占める杭瀬っ子にとってのおふくろの味は、「大阪でも尼崎でもない杭瀬ならではの土地柄を感じさせる」と評価された。


☆準グランプリ

大貫本店の「中華そば」
(尼崎市神田中通3-29 Tel:06-6411-9583)
 来年創業100周年を迎える店の、現存する日本最古の中華そば。鶏がらと豚骨で仕込む濃厚なスープや足踏みでつくる卵麺など、頑なに伝統を守る。創業以来つぎたしてきた醤油たれは「お客さんに食べ続けてもらえたからこそ」と4代目店主・千坂創さんの謙虚な姿勢が審査員の胸を打った。


■特別賞

F1レーサー小林可夢偉さん
 尼崎市育ちのF1レーサー。全世界に尼崎の名を発信した栄誉と功績を讃え、特別賞に認定。

報道各社の皆様 平成23年2月4日

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
Copyright © 2004 TMO尼崎 all rights reserved.